フロントオフィスに全力を

 バックオフィスとは、会計や人事、経理、総務といった事務的な業務全般のことを指します。
顧客と直接かかわる営業部門や広報担当部門といった業務(フロントオフィス)を、後方からサポートする役割を持っています。
御社の業務が円滑に進むように、また会社の利益をより向上させるために、未来企業カレッジは縁の下の力持ちになります。

具体的な仕事内容としては、たとえば経理であれば、出納長の管理、決算業務、原価計算、取引先の与信分析、税理士らとのやり取り、などがあります。
総務であれば社内環境の整備や改善、福利厚生の見直し、労務管理、社内行事の企画や運営などです。
お分かりの通りバックオフィスの業務はどの会社にも必要不可欠な存在となります。

 中小企業、ベンチャー企業、スタートアップといった会社が次々に興(おこ)っている実情にあります。
こうした会社は、基本的に少人数で始められることが多いため、営業を始めとしたフロントオフィスに人手がさかれる傾向にあるからです。つまり、バックオフィスに手が回らない状態になりがちなのです。どちらとも完璧にこなそうとすると社員の心身も疲労させますし、営業がアクティブに動くことができなかったり、会計・労務上の小さなミスが重なったりして、会社の利益を損失させることになります。
そして、こうした課題を解決するべく注目されているのが、アウトソーシングを利用した「バックオフィスの外注化」です。
簡単に言うと、「バックオフィスの仕事は自社以外の他の会社にやってもらおう」ということです。

 新興企業にとっては、コスト削減や業務の効率化といった面からも非常にメリットのあるサービスと言えます。
すでに人員が足りている中小優良企業や大企業にとってはメリットが薄いと思われがちですが、業務の内容によっては、未来企業カレッジへ外注した方が合理的なケースも多くあります。